本文へスキップ

吉川 正志はプラズマ・核融合研究を行っています。

TEL. 029-853-6230

〒305-8577 茨城県つくば市天王台1−1−1

筑波大学プラズマ研究センター Yoshikawa's Home Page

吉川 正志は、プラズマ・核融合研究を行っています。

TOPICS

  • 将来のエネルギー開発に重要な核融合反応を地上で制御しつつ実現するため、磁場閉じ込めプラズマ実験装置を用いて、プラズマ物理研究を行い、プラズマ閉じ込め研究、プラズマ診断法の開発、ダイバータプラズマ研究を行っています。
  • In order to realize the fusion reaction that is important for fusion energy development with controlling on the earth, we conduct plasma physics research using magnetic confinement plasma experimental device. My main interests are plasma confinement, plasma diagnostics, and divertor plasma.
  • ・世界最大のタンデムミラー型プラズマ閉じ込め装置GAMMA 10/PDXを用いて研究を行っています。
  • ・I study the plasma physics in the largest tandem mirror GAMMa 10/PDX.
  • ・GAMMA 10端部からの損失粒子を用いて、1億度を超える超高温プラズマと常温の容器壁の両立のためのダイバータプラズマ研究行っています。
  • ・I study divertor plasma for coexistence of ultra-high temperature plasma exceeding 100 million degrees and wall at normal temperature using end-loss plasma of GAMMA 10/PDX.
  • ・100万度を超えるGAMMA 10/PDXの中心部と1万度程度のダイバータプラズマの同時計測を行うためのデュアルパス・トムソン散乱計測システムの開発を行っています。
  • I develop the dual-pass Thomson scattering system for measuring both electron temperatures of exceeding 100 million degrees in the core plasma and about 10,000 degrees in the divertor simulation plasma in GAMMA 10/PDX, simultaneously.
  • ・低プラズマ密度でも計測可能なマルチパス・トムソン散乱計測システムも開発しています。
  • ・I also develop the multi-pass Thomson scattering system for meauring a low density plasmas.

NEWS新着情報

2019年04月11日
ホームページを更新しました。
2019年04月12日
サイトをオープンしました。

ナビゲーション

バナースペース

吉川 正志

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1−1−1
筑波大学 プラズマ研究センター

TEL: 029-853-6230
FAX: 029-853-6202
E-mail:yosikawa'at'prc.tsukuba.ac.jp