Unterberg 客員教授による集中講義が行われました

昨年5月に数理物質系の客員教授に就任されたBernhard Unterberg 教授(ドイツ・ユーリッヒ総合研究機構、ボーフム大学)による集中講義(プラズマ特講II)が、2020年1月21日 -23日の日程でプラズマ研究センターを会場にて行われました。講義題目「Nuclear Fusion – Basics, Challenges and its potential role in a future energy system(核融合 ― 将来のエネルギーシステムへの挑戦、基盤、そしてその潜在的役割)」のもと 、将来の安定的なエネルギー源としての核融合に関して、磁場によるプラズマ閉じ込めの基礎的な内容から国際熱核融合実験炉 ITER の最新の状況、持続可能社会における核融合エネルギーの役割まで、受講学生との英語による議論も交えながら熱心な講義が行われました。Unterberg 教授とは今後も共同研究に加え、学生教育も密に連携しながら継続的に進めていく予定です。

集中講義の風景

カテゴリー: その他 パーマリンク