ボーフム大 PhD学生のセンター滞在

2019年9月14日 -10月4日の約3週間 、ドイツ・ボーフム大学 (Ruhr-Universitaet Bochum) のPhD学生 Christian Luetke Stetzkampさんが、筑波大学・DAADパートナーシップ・プログラムにより、プラズマ研究センターに滞在し、GAMMA10/PDXにおけるプラズマ計測に関する実験・解析結果について詳細な議論を行いました。ボーフム大での実験結果や装置構成などとも比較しながら、有益な知見を得ることができました。また、滞在中は、実験装置の見学などを学生主体に行い、学生間の交流と親睦も深めることができました。

カテゴリー: その他 パーマリンク