合同研究会プログラム

7月31日(木)12:45—18:15 
12:45-12:50代表挨拶
セッション1(12:45-15:30)(進行:坂本)
第19回ITPA SOLダイバータTG会合(および21th PSI)
概要報告
12:50-13:15Limiter & Divertor SOL width朝倉伸幸(JAEA)
13:15-13:40Heat flux Control & Detachment増崎貴(NIFS)
13:40-14:15ITER divertor& tungsten exp & combined heat & W morphology上田良夫(阪大)
14:15-14:40Material migration & fuel retention & dust芦川直子(NIFS)
14:40-15:05最近のJET-ILW 実験の進展仲野友英(JAEA)
15:05-15:30Next meeting & discussion上田良夫(阪大)、大野哲靖(名大)
15:30-15:40break
セッション2(15:40-18:15)(進行:大野)
国内実験(直線装置、照射実験)の進展
15:40-16:10GAMMA10/PDXの最近の成果中嶋洋輔(筑波大)pdf
16:10-16:40Influence of surface melting or impurities (Ne, Ar) on deuterium permeation in tungstenH.T. Lee(阪大)pdf
16:40-17:10ダブルプラズマガン装置における蒸気遮蔽効果の検証実験佐久間一行(兵庫県立大)pdf
17:10-17:40過渡的高熱流重水素プラズマとタングステン材料との相互作用高村秀一(愛工大)pdf
17:40-18:15国内国外直線・照射装置 研究の展開坂本瑞樹(筑波大)pdf
およびポストTEXTOR協定の進展・議論等増崎貴(NIFS)pdf
8月1日(金)9:00—17:00
セッション3(9:00-11:50)(進行:上田)
ダイバータ工学関係セッション、国内外トカマク活動
および協力研究活動の進展
9:00-9:30ITERダイバータ製作の進展と課題鈴木哲(JAEA)pdf
9:30-10:00JT-60SAダイバータ製作の進展と工学リサーチプラン櫻井真治(JAEA)pdf
10:00-10:35ITER STAC会合でのフルタングステンダイバータ報告等鎌田裕(JAEA)pdf
10:35-11:20原型炉合同コアチームからの関連報告坂本隆一(NIFS)pdf
11:20-11:45工学及び物理課題など議論、リサーチプラン、ITERおよび原型炉研究
(コメント:鈴木、上田、小西、朝倉、松田他)
11:45-12:45昼食
セッション4(12:45-14:10)(進行:鈴木)
国内実験(QUEST、LHD、照射実験)の進展続き
12:45-13:15LHDにおけるダイバータ・3D磁場輸送研究増崎貴(NIFS)pdf
13:15-13:45LHD長時間放電におけるプラズマ壁相互作用研究時谷政行(NIFS)pdf
13:45-14:10ELMを想定した非定常熱負荷によるダイバータの熱構造的挙動評価権暁星(京大)pdf
セッション5(14:10-16:40)(進行:朝倉)
モデリングの現状(国際的進展と国内のモデリング研究の現状、
PSI発表概要)
14:10-14:45PWIモデリングの現状と課題伊藤篤史(NIFS)pdf
14:45-14:55break
14:55-15:30EMC3&LHD周辺プラズマ(3次元輸送モデル)河村学思(NIFS)pdf
15:30-16:05トカマクダイバータシミュレーション星野一生(JAEA)pdf
16:05-16:30非等方イオン温度と仮想ダイバータモデルを導入したSOL-ダイバータプラズマシミュレーション東郷訓(東大)pdf
16:30-16:40今後の開発予定と優先課題の議論
セッション6(16:40-17:00)
その他の活動報告
16:40-17:00BA共同研究(JAEA六ヶ所) JET-ILW研究芦川直子・朝倉伸幸pdf