合同研究会プログラム


 

平成23年度 合同研究会

筑波大学プラズマ研究センターシンポジューム(第3回), プラズマ物理クラスター スクレープオフ層とダイバー タ物理サブクラスター(第1回会合), 炉工学クラスター ブランケット サブクラスター(第2回会合), 双方向型共同研究会合「ガンマ10装置における炉壁材料の損耗・再堆積の研究とそのダイバータ開発戦略における位置づけ」

日時:平成23年7月20日13:00~7月22日11:55
場所:つくばサイエンスインフォメーションセンター大会議室

※本研究会の資料を引用の際には著者にご相談ください
プログラム
7月20日
第15回 ITPA SOLダイバータTG会合のまとめと討論(座長:朝倉 )
13:00-13:10はじめに
13:10-13:20ITPA SOLダイバータTG会合の概要上田良夫 (阪大)

13:20-13:40material migration, tungsten上田良夫 (阪大)
13:40-14:00Fuel retention (modeling), Fuel removal, dust芦川直子 (NIFS)
14:00-14:20Heat flux, Detachment, Fuel retention in gap増﨑 貴 (NIFS)
14:20-14:50討論
14:50-15:10              コーヒーブレイク
サテライトトカマクJT-60SAリサーチプランとITERの現状と今後の展望  (座長:大野 )
15:10-15:50JT-60SAリサーチプラン (SOL/DIV/PWI 分野)坂本瑞樹 (筑波大)
15:5016:20ITER・STACでの議論の状況小川雄一 (東大)
16:20-16:50ITER・TBM計画の現状秋場真人 (JAEA)
16:50-17:20ITER調達に向けた加熱装置開発の現状井上多加志 (JAEA)
17:20-17:40討論
7月21日
PWIシミュレーション研究の現状   (座長:上田) 
9:00-9:25非接触プラズマ及びタングステン輸送のシミュレーションの現状星野一生(JAEA)
9:25-9:50壁材料の損耗・輸送・堆積のシミュレーション大宅 薫
(徳島大)
9:50-10:15高熱流プラズマ内でのダスト粒子挙動シミュレーション田中康規(金沢大)
10:1510:25コーヒーブレイク
PWIプラズマシミュレータ研究の現状とGAMMA10でのPWI研究    (座長:上田 ) 
10:25-10:45ダイバータシミュレータ研究の今後の展開大野哲靖(名大)
10:45-11:05GAMMA10装置におけるPWI研究中嶋洋輔(筑波大)
11:05-11:25GAMMA10装置におけるダイバータ配位片沼伊佐夫 (筑波大)
11:25-12:00討論
12:00-13:00昼      食
双方向研究拠点連携に関する発表と議論    (座長:坂本 )
13:00-13:20GAMMA10装置における連携研究今井 剛
(筑波大)
13:20-13:40QUEST装置におけるPWI研究渡辺英雄(九大)
13:40-14:00Heliotron装置におけるエッジプラズマ研究水内 亨
(京大)
14:00-14:20LHDにおけるダイバータ研究増崎 貴(NIFS)
14:20-14:40トリチウムを利用した核融合炉材料研究波多野雄治(富山大)
14:40-15:00東北大学金属材料研究所と核融合科学研究所との双方向型共同研究の現状四竃樹男(東北大)
15:00-15:40討論
15:40-16:00コーヒーブレイク
今後のダイバータ材料・機器開発   (座長:榎枝 )
16:00-16:25LiPb冷却ダイバータシステムについて小西哲之
(京大)
16:25-16:45タングステンのパルス熱・粒子負荷影響徳永和俊
(九大)
16:45-17:05パルスプラズマガン装置開発と実験の現状菊池祐介
(兵庫県立大)
17:05-17:25W-SiC/SiCダイバーターの開発計画と現状香山晃
(室蘭工業大)
17:25-17:45金属堆積物への水素捕捉片山一成
(九大)
17:45-18:05高熱流にさらされる炉壁内面候補材料のレーザー計測糟谷紘一
(応用ながれ研究所)
18:05-18:30討論
18:30-18:45合同会合に関する討論
19:00-21:00懇親会
7月22日
今後のダイバータ材料・機器開発(つづき) と双方向型共同研究の現状と成果 I (座長:増崎)
9:00-9:20プラズマ対向材料としてのタングステンの表面特性高村秀一
(愛知工業大)
9:20-9:40ヘリオトロンJおよびGAMMA10における粒子補給の最適化実験小林進二
(京大)
9:40-10:00GAMMA 10 における高密度/高エネルギー粒子束に対する直接エネルギー変換の基礎研究竹野裕正
(神戸大)
10:00-10:15コーヒーブレイク
筑波大学双方向型共同研究の現状と成果 II   (座長:長山) 
10:15-10:35タンデムミラーGAMMA10におけるトムソン散乱計測システムの導入吉川正志
(筑波大)
10:35-10:55新型マルチパストムソン散乱計測システムの開発安原 亮
(NIFS)
10:55-11:15マッハプローブを用いたGAMMA 10周辺領域における流れ場計測安藤 晃
(東北大)
11:15-11:35プラズマ端での高密度プラズマ流生成・制御の基礎研究篠原俊二郎
(農工大)
11:35-11:55GAMMA10における加熱ICRF波動とAIC波動に関する研究池添竜也
(筑波大)