3.プラグ電位形成機構

 GAMMA10に代表されるタンデムミラーでのプラグ電位形成実験では、それまで考えられてきた理論に基づいて、実験条件が組み立てられていました。ところがどの実験装置でもプラグ電位はこれまでには知られていない機構で形成されている事が、実験条件を検討する事で明らかになってきました。理論・シミュレーショングループでは、プラグ電位形成に関する計算機シミュレーションを実行する事で、プラグ電位がこれまでに知られていない新しい機構で形成されている事を発見しました。下図には計算機シミュレーションで得られた静電位の軸方向分布がプロットされています。この結果は実験条件ととても良く一致して、しかもプラグ電位が形成されている事が分かります。この事によってプラグ電位形成には、プラグ部に存在する電子分布関数の非等方性が重要な役割を担っている事が初めて明らかになりました。

 

→前のページに戻る