理論・解析


理論・シミュレーショングループの実験設備に関して

 理論・シミュレーショングループとして、ワークステーションを保有しています。さらに、大学院生になれば、核融合科学研究所に設置されている汎用計算機(並列計算機)を自由に使って計算をする事ができます。理論・シミュレーショングループでは計算機のハードウエアーと同様にソフトウエアーも重要であると考えています。計算機シミュレーションを実行するときに必要な科学計算ライブラリー、磁場や磁力線追跡の為のライブラリー、可視化ライブラリー、および各種の計算機シミュレーションコードが整備されています。例えば図に示しているような磁場コイルや磁力管、磁力線曲率の計算は簡単に実行できて可視化する事ができます。また計算機シミュレーション結果を動画にする事も簡単に実行できます。

GAMMA10_transition

 anchor_modB