共同研究の推進

国内双方向型共同研究

プラズマ研究センターでは,学内はもとより,国内・国外の研究機関との連携・協力を行うとともに,特に大学共同利用機関である自然科学研究機構核融合科学研究所との連携を強めて,各大学並びに各研究センターとの双方向型共同研究を推進しています。核融合の実用化に不可欠である,電位による閉込めの研究ばかりではなく,直接発電やプラズマ応用研究等の幅広い分野での共同研究を行っています。平成16年度に全国共同利用施設としてスタートした当センターは,核融合科学研究所を始めとして,東北大学,京都大学,九州大学,神戸大学等,全国の大学からの共同研究者を受け入れ,ガンマ10装置やその周辺機器を用いた実験的,また,理論的研究を実施しています。また,日米ワークショップの開催,国際会議やつくばフォーラム等の研究会を主催し,学術的議論や情報の交換を随時行っています。

国際学術交流協定の締結

国外では,タンデムミラー型の装置を有するロシア連邦のブドカー研究所とクルチャトフ研究所,また,大韓民国の国立核融合研究所との間で大学間学術交流協定を締結し,相互間の研究者招聘や派遣を頻繁に行っています。また,2年毎に開催される開放端磁場閉じ込めに関する国際会議に主要メンバーとして参加するとともに,2000年及び2006年開催の会議をプラズマ研究センターが主催しました。

<関連リンク>

核融合科学研究所共同研究公募案内

今年度実験スケジュール

核融合科学研究所 >> 共同研究